• 火. 7月 16th, 2024

【香りのコントロール】アロミックフローを再選択した理由

Last Updated on 2023年11月18日 by kojo

様々なアロマ商品がある中で、いちばんのおすすめはアロミックエアーです。使いたい時にピンポイントで一気にお部屋の香りを調整してくれるからです。食事中は消しておいて、食事後のリラックスタイムだけを瞬時に演出してくれるのです。アロマポッド的な商品は今まで色々使いました。オンとオフを演出できるアロマ関連商品はこれしかありません。一度ファンが動かなくなって廃棄して、違うメーカーの商品を使ってみました。しかし、やっぱりこれしかないと再購入しました。スイッチオンですぐに香りが部屋中に広がり、食事やコーヒーなど香りが邪魔な瞬間は消すことですぐに無臭になるのは、もうこれしかありません。

アロマディフューザー【アロミック・フロー】

アロミックフローを使うシーン

居間に置いています。電源をオフにしているときは香りません。上部の香りの送風口にスライド式のフタが付いています。これが実にいいのです。食事の時には香りを出さない。そして、食事が終われば、ダイニングキッチンの香りを一気に吹き飛ばす拡散力があります。室内の香りをこれほど見事にコントロールする機材は他にありません。一度数年前に買って使っていました。数年使って下部のファンが回らないという故障のため、他社製品を色々購入してみました。しかし、これほどの商品に巡り合うことはできず、結局再購入することになったのです。もう、数年使っていませんでした。もっと安くていいものがあると思って探して使ってみたのですが、結局余分なお金を使ってしまいました。最初からアロミックフローを選ぶのがコスパ良しだという点をお伝えしたいのです。

アロミックフローの構造

円柱構造です。そこの部分にファンがついていて、スイッチを入れると風を送り中間部のアロマオイルの入っている部分を通った風が上部の開閉通気口から放出されます。

スイッチで開閉するので、香りのコントロールができるのです。しかも、水を使わないのでカビの経験がありません。実は2代目を先日購入しました。もう数年前に一度つかって、途中ファンが回らない故障のため、他の機種に変更していました。でも、同じような香りや使いやすさの商品に出会うことができなかったのです。

アロマディフューザー【アロミック・フロー】

オイル交換が簡単

オイルを購入すると、パウチに入ったアロマオイルと一緒に上部の円形パッドとオイルと吸い上げる芯がついてきます。オイルを交換した時に一緒に交換することで清潔で効率よくアロマを発散します。

黄色く見えるのはオイルが染み込んでいる証拠です。このままでも香りますが、アロミックエアー本体に装着して風を送り込むことで気化効率が格段にアップします。

実際に到着してからのセッティング

ネットで注文してドコモのD払いを選択して購入したのが日曜日の真夜中でした。午前中指定をして発注して、届いたのが木曜日でした。ヤマト便で到着しました。

本体とアロマオイルを入れるポッドと電源部です。キャンペーンで最初のオイルもついてきました。

お買い上げから2年間の保証

同梱されている日付の入った納品書とこの説明書兼保証書を保管しておきましょう。私の場合、使い方にもよるでしょうが2年目位にファンが回らなくなって故障しました。2年間使えればもう、ありがたいのですがその時説明書が見つからなくて諦めました。今回はきちんと取っておきます。1度目壊れた時にはもうこの商品は買わないだろうと思っていました。そしてアマゾンとかでいろんなディフューザーを探して使ってみました。しかし、好みのアロマオイルと衛生面、そしてオンオフの切り替えと抜群の香りの広がりを考えるとリピするしか選択肢がありませんでした。もしかしたら、中のビンとアロマオイルだけで使えるのではないかと考えたこともありましたが、ここはアロミックエアー本体と一緒に買いましょう。本体がないと全く機能しませんでした。

アロマディフューザー【アロミック・フロー】

オイルの補充

パウチをひねって、液体をビンに注入します。思いの外、サラサラな液体です。いちばん最初はビンに液体を入れてパッド付きのキャップを閉めるだけです。時間が経つと吸い上げて黄色く変色します。

ここまでできたら本体に電源コードを差し込んで、水平状態が維持できる安定した場所に設置します。

電源コードは本体下部、そこの部分にあります。そこにはスイッチが合って、風が強すぎて香りが強い場合に弱めることができるようです。私はノーマルで使っていますが、お好みで変更することもできます。

オイル交換の時知っておくこと

構造的には簡単です。ビンの中には浮き輪、フロートが付いていてその上下でオイルのあるなしの情報を本体に知らせます。真ん中には芯があり、吸い上げられたオイルは上部の円形パッドに広がります。

オイル交換時には一緒についてくる、芯と円形パッドを交換します。上部のパッドを押さえているプラステイックの4箇所を引き抜きます。パッドを外すと芯も引き抜けます。新しい芯を差し込んでパッドを装着。押さえのプラスティックをはめ込みます。

アロマディフューザー【アロミック・フロー】

香りについて日々更新

数年前の記憶でいちばん記憶に残っていたのはベルガモットの香り。ほとんどそれしか使わなかったので、いちばん最初に選んだ香りから感想を更新していこうと思います。色々な香りに挑戦するぞ!

ファンシーベルガモット(最初の購入特典)

ベルガモットの甘くていい香りに、柑橘系のかおりがプラスされていました。スッキリ感もある爽やかな香りという印象です。

使用精油:レモン、ライム、ベルガモット、ラベンダー

お得に買う方法

1度目は吉祥寺で衝動買いしました。香りがすごくよくて一体これはなんだろうという好奇心で購入しました。ちょっと重い本体なので自宅への直送ということになり、やはり数日で自宅に配送されました。色々とサービス品を頂いた記憶があります。店舗で香りを選ぶのを楽しむこともできます。私はもう、この商品の良さを知っているので、ネットで購入することに決めました。自分のタイミングでいつでも購入できます。下記公式ホームページで商品はご覧いただけます。お得なセールをやっていたら購入のチャンスかもしれません。Line登録でもポイントが発行されるようです。私はドコモのD払いを選択しました。ちょっとでもポイントが貯まりそうだからです。

アロマディフューザー【アロミック・フロー】

商品のラインナップ

アロミック・エアーアロミック・フロー  アロミック・フィット アロミック・ミニ
最大40畳まで(オフィス)最大20畳まで(リビング)最大8畳まで(寝室)最大4畳まで(クローゼット)
ざっくり13,000-くらいざっくり6,000-くらいざっくり4,000-くらいざっくり2,000-くらい
ファンありファンありファンありファンなし
アマゾンサイトでの口コミ検索もしてみましょう。私はアロミックエアーを使っています。マンションで一台で香りが行き渡ります。プレゼント用にアロミックフィットを購入する予定はあります。

安心安全の公式ホームページはこちらです。

天然アロマ専門メーカー直販サイト【AROMIC style】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です