• 火. 5月 17th, 2022

後戻り出来ない今後の日本

現状

第二次ベビーブームの世代を救えなかった。

バブル崩壊の就職氷河期時代を作り出してしまった日本。

業界最安値級!1本当たり1,750円でご利用可能!【どこよりもウォーター】

もう後戻り出来ない少子化社会を生み出した。

追い打ちを掛けたのはコロナという感染症。

2000年には約80万組あった婚姻数は

2020年には約52万組にまで減少している。(厚生労働省人口動態統計より)

コロナ禍で変化

変異したCOVID-19

老若男女問わず感染する。

症状の有無に関わらず、運び屋になる。

子供を育てる環境。資金。

大学がオンライン化による教育改革や

自宅勤務という新たな流れ。

子供を生み、育てる方向性が見えない。

ワクチンが行き渡らず、

母子の安全性が確保できなければ

この時期に子供を授かるのは私なら躊躇する。

子供の事を考えなければ

ひとまず結婚という選択肢は後回しにする。

結婚という制度は子供に財産を分与する為の社会的制度だから。

結婚式もその意味を考えさせられる。

会社の友人も呼べない。

呼んでも良いか神経を使う。

断ることがその後の社会活動に影響するかもしれないと考えてしまう。

幸せな家庭を築くことが重要になる。

その為に結婚式を挙げるならそれには意味がある。

自分たちの為の結婚

自分達の形で行えばいい。

世の中のルールは完全に変わっている。

マタニティの方の結婚式なら【小さな結婚式】

自分たちのやり方で、その意気込みを表現したい。

ならばその道のプロに相談するのもいいだろう。

マイナビウエディングサロン

相談するときは自分達の望む形を

社会情勢と照らし合わせて取捨選択しておく。

出来る限り

その条件に近づけてくれるコーディネーターとの出会いが重要になる。

会社の社長の思いは従業員に伝わると言われている。

だから、

いくら従業員の質をその会社の上層部に求めても解決しない。

会社ごと変えてしまう方がいい。

だから、そのあたりをよく知っているコーディネーターと出会いたい。


一箇所だけの登録にする必要はない。

比べることが重要になる。

世の中、銀行の系列で紹介できるところと出来ないところがあるから

自分の望みの場所で挙げるためにも私見を広めたいところ。

PAGE TOP