• 月. 5月 16th, 2022

結婚式がない

8月 20, 2021

コロナが猛威を奮っている

今までは延期したカップルがなんとか式をあげていた。

新規のお客様がいなくなってしまった。

そして、千葉で起こった事故。

コロナ禍での出産は危険をともなう。

個人があり、

最小限のユニットとして家族がある。

それぞれの家族が社会を形成して都市があり

国家がある。

今、それが脅かされている。

感染症は社会のユニットを壊していく。

国家は社会を守ってくれていない。

そして家族も、個人も。

そんな中結婚することに

どれだけの意義があるだろう。

大切なあなたと

一緒に立ち向かうものが

感染症なのか、置かれた環境なのか。

その時、結婚式を必要とするのか

結婚という制度を必要とするのか。

社会は試練に立たされた。

大切な人と乗り切ることを第一に

ミニマムな社会的設計が必要だ。

PAGE TOP