• 水. 12月 1st, 2021

コロナ禍における写真だけの結婚式費用を、価値を基準に考えてみよう

状況

コロナ禍ではどうやら

親族を呼ぶのが精一杯。

2月に入って明らかに結婚式の数が減っている。

披露宴もない。

そこで写真撮影とアルバム制作が重要になる。

アルバムの内容と価値と価格について

結婚式とスナップアルバムという形について話してみます。

まず、スナップデーターと

そこから出来上がるアルバムは明らかにその価値が違う。

そして本当に将来価値があるのは、スナップデーターではなくて

アルバムだ。

アルバムはご本人たちの為だけではなく、ご両親、親戚、ご子息様にとって

将来的に大きな価値を生むことになります。

自分を取り囲む祝福の形を留める事ができ、

アルバム単体ですぐに楽しむことが出来ます。

ビデオやデーターは機械を通してしか見れません。

将来動画の記録フォーマットが変わればそれなりの対応が迫られます。

アルバムのデザイン性

実はアルバムは時系列で構成された商品であると共に

大きさや配置が計算されています。

読み手の目線の誘導です。

スナップ写真のデーターをただ貼り付けているだけでは無いのです。

写真と写真の間にある余白や、小物のアップなど。

一枚、一枚の写真を見るのとは異なる価値がそこにはあるのです。

選択基準

先ずは式を挙げる会場の雰囲気です。

明るい式場、暗い式場、というだけでなく

演出も重要です。プラネタリウムでの演出がきれいな式場もありますね。

プロジェクトマッピングでの壮大な演出も良いですね。

そういった演出を最高の形でアルバムに残せる写真室とか

アルバムやさんといった存在も大切です。

その式場のプロが撮るアルバムを見比べて希望を伝えましょう。

おまかせプラスちょっとした希望くらいが良いでしょう。

構図やアングルはその式場で異なります。

見本のアルバムをじっくり吟味して

最善のアルバムを見つけましょう。

同じ式場でもアルバムが違う

アルバムを見ると、撮り方の違う数社のアルバム制作スナップ撮影会社が

混在していることがわかります。クラシックなものから今っぽいものまで。

おすすめはクラシック。

トレンディドラマは時代を感じさせます。

時代を感じさせたい場合は、今の最先端のアルバムを選びましょう。(笑)

PAGE TOP